秋田のリフォームは リフォームDEPOT 秋田店

おトク情報発信中!!
メールでお問い合わせフリーダイヤル 0120-915-122 営業時間/10:00~18:00 月曜定休

スタッフブログ

キッチンが自慢!にかほ市の新築施工事例

2019年2月28日

こんにちは♪リフォームデポ秋田店です。
先日、にかほ市の新築事例をご紹介しましたが、今回はその中の一部として奥様こだわりのキッチンについてご紹介したいと思います。

奥様こだわりのキッチンについては綿密に打ち合わせを重ね、ショールームを参考に検討していったところ「クリナップのクリンレディ」を採用することになりました。(現ステディア)

家族との会話を楽しみながら調理できるオープンキッチン。正面にはオーダーメイドのテレビ台を設置してあるので、テレビを観ながら料理ができます。

キッチン内はこだわりがたくさん。吊戸棚には電動昇降棚を設置し、ボタン一つで手の届く範囲に収納庫を自動で動かすことができます。収納たっぷりのキッチンは見た目がスッキリして気持ち良いです♪

キッチンから見えるリビングには光がたくさん入ります。真っ白な空間が都会的でスタイリッシュな印象を与えてくれますね!

以上、にかほ市の新築からキッチンの事例をお送りしました。一軒家を建てる際、奥様が最もこだわりを持つのがキッチン。これまでのリフォームの知見を活かしながらお施主様のご要望に沿う理想のキッチンが作れたと思います!

おすすめ設備!TOTOシステムキッチン「ミッテ」

2019年1月29日

こんにちは♪リフォームデポ秋田店です
本日はリフォームデポ秋田店に展示している設備の中から、おすすめのシステムキッチンTOTO「ミッテ」をご紹介します。

TOTO「ミッテ」の魅力はなんといっても収納力!デッドスペースになりがちなウォールキャビネットには昇降棚がついているので、上部の棚によく使うものをたくさん収納できます。

食器や調理器具はもちろん、かさばりがちなタッパーもたくさん収納できますし、食料庫としても活用できるのでとっても便利♪

キッチンリフォームは設備を新しくするだけでなくライフスタイルに合わせて家事動線まで意識することが大切です。TOTOシステムキッチン「ミッテ」なら調理中の作業も効率化できるので、家事が楽になること間違いなし!

リフォームデポ秋田店では、そんなTOTOシステムキッチン「ミッテ」を定価の55%オフの¥614,000(税・工事費別)。さらには展示現品ならさらにお安く¥450,000(税・工事費別)で提供中です!

「家事が楽になるようにキッチンをリフォームしたい」「キッチンの収納力をアップさせたい」という方、TOTOシステムキッチン「ミッテ」はいかがでしょうか?ご興味のある方はリフォームデポ秋田店で実物を体験してみてください!

 

キッチンリフォームの費用について

2019年1月24日

こんにちは♪リフォームデポ秋田店です。
一口にキッチンリフォームといってもその方法は様々。キッチンを新しいものに取り替えるのか、コンロや換気扇など部分交換なのか、方法によって費用も変わるから悩みどころですよね。そこで本日はキッチンリフォームの費用についてお話したいと思います。

まずキッチンの取り替えについて。キッチンの取り替えというと設備代がまず目に入りますが、種類によっては設備代、施工費のほかに水道工事、電気工事、ガス工事が必要になるケースもあります。

キッチンの位置や間口が今までと同じであれば、水道の給排水の位置や電源位置を少し移動するだけで済みますが、電動昇降吊戸棚やIHクッキングヒーターなど電気設備が以前より増える場合は電源の増設も必要になります。

そのため予算を設備代、施工費のみで見込んでいると選ぶ設備によっては「予算オーバー」となってしまうことも少なくありません。

つまり、キッチンリフォームで大切なのは「設備代、施工費以外にどれくらいの費用がかかるのかを知る」ということ。これからキッチンリフォームを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

ちなみにリフォームデポ秋田店では、お客様の予算や現在使用しているキッチンについて詳しくお話を伺った上で、最適な設備やリフォームのプランをご提案させていただいております。リフォームを検討中の方はスタッフまでお気軽にご相談ください♪

秋田市T様邸のキッチンリフォーム施工事例

2018年10月16日

こんにちは♪リフォームデポ秋田店です。
今回は秋田市T様邸の施工事例からキッチンリフォームについてご紹介します!

今回ご依頼いただいたキッチンリフォームでは人気のアイランドキッチンを採用!食卓がカウンターになっていて、キッチンに立つ人が、家族や友人を目の前にしながら料理を作ることができます。

設備にはタカラスタンダードのハイグレードキッチン「レミュー」を導入。天板のワークトップには、高級人造石クォーツストーンを使用しています。

クォーツストーンは天然石と人工素材を混ぜ合わせた素材です。天然石のような質感や高級感がありながらも、本物の天然石より割れにくく、耐熱性・清掃性に優れ扱いやすいことから、近年天板の素材として人気を集めています。

全体の雰囲気はモノトーン調にまとまりがあり、おしゃれなバーのような高級感のあるシックなデザインに仕上がりました。

家族や友人同士のホームパーティなど、交友関係を深める場として活躍してくれそうなキッチンですね!

クォーツストーンの天板を使用した、高級感のあるアイランド型キッチン。これからキッチンリフォームを検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください!

LIXILキッチン展示現品売りやってます★

2018年5月23日

こんにちは!リフォームデポ秋田店佐藤です!

 

 

 

本日は目玉商品をご紹介です(^^)

 

 

LIXILのシステムキッチン「シエラ」

 

 

当店展示現品1台限り29.9万円(工事費別途)でご用意しております!

 

定価の68%オフです!!

 

 

 

 

間口は255cmで、シンク内に設置の便利な水切りかごもついております★

 

 

 

ガスコンロに女子が大好きなパールが入っていたりと

 

とってもかわいらしいキッチンです(#^^#)

 

 

 

ダイニング空間が明るくなる、ホワイトのキッチンです♪♪

 

 

 

 

 

 

1台限定の商品です!!!

 

 

どうぞお気軽に遊びにきてください★★(^^)

 

 

 

 

 

【生活の知恵】床下収納のメリット・デメリット

2018年5月15日

こんにちは♪リフォームデポ秋田店です。

居住空間をそのままに、収納スペースを増やせるという、一見良いことしかないように思える床下収納ですが、場合によっては難点も発生してしまいます。

 

 

床下収納のメリットとして挙げられるのは、なんといっても居住空間を圧迫せずに収納スペースを増やせるという点。パントリーや吊戸棚、食器棚をつけて収納スペースを増やす方法とは異なり、動線の妨げになることがありません。

また、直射日光が当たらないので保存食料の置き場所として最適です。非常食置き場所のように普段使わないものをしまっておくことができます。

 

次にデメリットにも注目しましょう。まず、床暖房の取り付けが不可能になること。冬の冷え込みが激しい地域や、今後床暖房の取り付けを検討されている方は、注意が必要です。また、使用時に「一度かがんでから蓋をあけて、中身をとる」という動作を繰り返すことになります。お年寄りや腰の弱い方には身体の負担が大きくなってしまう恐れがありますので、検討が必要です。

 

居住空間を圧迫しないで済むメリットが目立ちがちな床下収納ですが、長く住まう家としてリフォームを考える際は、リスクの面からも検討することも必要です。

キッチンリフォームで見直したい台の高さ

2018年4月17日

こんにちは♪リフォームデポ秋田店です。

キッチンのリフォームにおいて、デザインそのものの改善や、機能性の改良が多くの場合重要視されます。なかでも、機能性を重視する上で着目したいのが「キッチン台の高さ」です。

 

 

キッチン台の高さは、基本的には5センチ刻みで作られています。

一般的に80cm~95cmが標準サイズとなり、お客様個々に使いやすい高さを選びます。

 

自分に合ったサイズは一般的に身長を2で割って5cm足した高さと言われています。身長が160cmの人なら160÷2+5= 85cmということになりますね。

 

あとは実際にショールームに行ってみて、自分の身長との感覚で確かめることも大切。洗い物をしているときに腰が痛くなりやすいということであれば、少し高めのものが良い場合もあります。高くつくる分には踏み台などで調整がききますが、あまりにも低すぎてしまうと調整が難しいため要注意。

 

またキッチンの高さを検討するときは、キッチンに滞在する時間の長い人の身長を基準にしてあげることが大切ですね。

 

キッチンのリフォームをご検討中の方は作業スペースの高さ選び、ぜひ意識してみてください。

秋田市のK様邸のキッチンリフォーム事例

2018年4月10日

こんにちは♪リフォームデポ秋田店です。

今回はキッチンのリフォーム事例をご紹介します!

 

 

今回ご紹介するのは秋田市のK様邸。キッチンの老朽化をきっかけにリフォームのご依頼をいただきました。

老朽化以外のキッチンの悩みとしてはシンク部分が広く、作業スペースが狭いというところ。

 

今回のリフォームではクリナップのラクエラを取り入れ、そのお悩みを改善!作業スペースが広がり、動きやすいキッチンになりました♪ステンレスワークトップにステンレスシンクを組み合わせているので、思いっ切りキッチンを使うことができます。

 

ワークトップにはドットコイニングというエンボス加工を施してあるため熱や水に強くキズが目立ちにくくなっているのが特徴。新しく取り入れたシンクは静音シンクなので水音も静かになりました。

 

足元には2リットルのペットボトルも入る大容量収納スペースを設置。食材庫としての使用にも最適です。(収納スペース写真はリフォームデポショールーム展示同キッチンの写真です)

 

見た目だけでなく収納力や使い勝手も良くなったK様邸のキッチン。K様、この度はご依頼ありがとうございました!今後ともリフォームデポ秋田店をよろしくお願いいたします!

アイランド型キッチンのメリットと特徴

2018年2月8日

こんにちは♪リフォームデポ秋田店です。
今回は、アイランド型キッチンの特徴から見た、メリットとデメリットについてご紹介します。

アイランド型のキッチンとは、通常よく見かける壁と接して配置されているキッチンとは異なり、部屋のなかにぽっかり浮いた島のような形で独立して配置されているキッチンです。

今回は、このアイランド型キッチンのメリットとデメリットについて見ていきましょう。

まずメリットとしては、壁に接していないことから、開放感が出ます。キッチンスペースでありながら壁にさえぎられることがないため、閉塞感がありません。どの立ち位置からでも作業場に手を伸ばすことができるため、複数人での調理がやりやすくなります。

一方、デメリットは部屋の広さに非常に影響を受けやすいものであるという点。キッチンとしての空間を多く使うため、リビングの大きなスペースを占めることになります。

また、常にリビングからの視線が集まるので、キッチンをきれいに保たねばならないのもひと手間かかるポイント。

アイランド型キッチンをご検討中の方は、デザイン性のかっこよさだけでなく、その後のメンテナンスを加味した上で検討しましょう。

最新の投稿
カテゴリ
アーカイブ
PAGETOP